« 生まれたところを、ちょっと離れて | トップページ | R&BとROCKな夜に・・・ »

2009年3月21日 (土)

メタモルフォーゼ

みなさぁぁぁぁん、おこんばんは!

昨夜はどうやら雨が降っていたようね、
圭二郎は全然気がつかなかったの。

で、今日もすっかり春の陽気ね。

圭二郎の暮らす、名古屋でも桜が一輪、二輪と咲き始めました。

でもね、うちのマンションの下にコインランドリーがあるんだけど。

どうやら、高校の野球部の合宿が名古屋で行われてるようで、

毎晩、学生が大量の汚れ物を洗いに来てるの。

彼らの頭は三厘です。 

お・し・ま・い!

じゃねえわよっ!まだ続くわ。覚悟おしっ!

今日はFM PiPi 76.3MHz

レギュラー番組『族・々 はなしが E』のお仕事だったので、

多治見まで行ってきました。

あ、FM PiPi 76.3MHzって多治見のコミュニティーFMなんですよ!

みんなご存知よねえ。

知らない人はリンクからHPにとんで行きな!(笑)

今日の番組内でもお話したんだけど、

今週木曜に最終回を迎えた、

山田太一先生脚本『ありふれた奇跡』って皆さんご覧になってました?

圭二郎はこの冬、毎週楽しみにしていた番組の一つだったの。

TV局側は、山田太一先生の脚本謳い文句にすりゃ、

高視聴率を稼げるという思惑がみごとにはずれ、

平均視聴率は二桁がやっとだったみたいなのね。

今の若い子は山田太一先生よりも

三谷幸喜や宮藤官九郎のライトなタッチのドラマの方が

お好みなのかしらね。

まあ、はっきり言って、山田太一先生の脚本って『昭和』なのよぉ〜。

でもね、このドラマ。

人間関係が希薄なこの時代の中で、

一組の男女が出会いそして結ばれるまでのお話で。

少子化問題にかかわる事もとりあげているわ。

こうやって書いちゃうと、

『え、それだけの話?』と思っちゃうだろうけど、

そこは、山田太一先生

安い恋愛ドラマに終始しがちな内容を、

巧みな脚本で視聴者を最終回まで飽きさせないの。

同じ時期に放映されていた、

国際派女優広末涼子や、

かつてのトレンディドラマ俳優江口洋介さん、

とりあえずSMAPから一人借りて来た

稲垣メンバー改め、稲垣吾郎さんなどが、

出演していた、関西テレビが総力をあげて制作した

『三角関係(トライアングル)』

なんかに比べると、雲泥の差!!(最後まで見ちゃったけど)

でも、視聴率はこちらの方が若干良かったみたい。

プンスカ・プンよ。

あ、ここで『ありふれた奇跡』の話に戻すわ!

このドラマね、

主人公の女、経歴には『東京パフォーマンスドール』の

一員であった過去をきれいさっぱり消し去っている仲間由紀恵が、

いろいろ過去に過ちがあって、子供が産めない身体なわけよ。

そして主人公の男、

『オリオン座からの招待状』で、

鰹節とあんぱんだけで生きて来た加瀬亮君は、

引きこもり経験ありの自閉症気味。

二人とも自殺未遂経験者って設定。

そしてもう一人、妻と子供を不慮の火災事故で亡くし、

仕事も失った男に昭和のトレンディー俳優・陣内孝則。(結構大芝居)

この男が駅のホームで飛び込み自殺をしそうになったところを、

まったくの他人同士である、仲間由紀恵と

加瀬亮が助ける事で、二人の関係が始まる。

さて、お互い引かれ合い、好き同士になりゃ、結婚話も持ち上がり、

家族も喜ぶわねぇ〜普通。

で、当然、二人の子供を期待する事にもなり・・・

でも、この二人では子供は作れない実情。

結婚=子供の図式が成り立たない二人が、

どうやって親族を納得させて結ばれるかがこのドラマの主軸。

彼らをとりまく家族も、一見平凡そうに見えながらも、

それぞれに秘密をもっていたりするの。

ちなみに、仲間由紀恵と加瀬亮それぞれの父親が

岸部一徳と風間杜夫なんだけど、

二人には女装の趣味があって、

女装クラブを通じて知り合い同士と言う設定なのよねえ。

二人の女装がねえ・・・

地獄絵図のように汚い絵図らなんだけど、

(↓参考画像)

Jigokue2

圭二郎、名古屋でよく似た人知ってるぅ!(誰?)



ありふれた日常の流れの中で、ふとしたことで出会う人や物事から、

それぞれがメタモルフォーゼ(変化)していく事。

それは、ありふれているけども、

すばらしい奇跡なんじゃないでしょうか。

やだ、なんとかまとまった感と達成感があるわ。

(一時は方向性を見失いかけていたけど、これも奇跡ね)

でね、圭二郎・・・

実は今日の放送の前に、故郷・大垣で親族一同の集まりがあったわけよ。

いつも顔を合わせている訳じゃないから、

一同が集まっても話題に困るじゃない。

そういう時に必ず標的にされるのが、

あたいなの。

話題は、『圭二郎の縁談話!』

『早く嫁さんもらって、子供作れ!』って、どいつもこいつも、よってたかって!!

プンスカ・プンよ!!

圭二郎は『仲間由紀恵』なの、

どう頑張っても、子供は産めないわ〜!

そこんとこ夜露死苦よ〜!

でもうちの母がすかさず一言、

『こいつ、子供、よそにちゃんといるみたいよ!』

圭二郎『きゃぁぁぁぁぁ!!(心の叫び)


一同、『・・・・・・・』

お母様、これ以上この場に居辛くさせないで!!

|

« 生まれたところを、ちょっと離れて | トップページ | R&BとROCKな夜に・・・ »

ON AIR !」カテゴリの記事

コメント

最近見ていたドラマは、RESCU〜特別高度救助隊〜

でしたよ!

警察モノ、消防モノ、軍隊モノには、目が無いです(^▽^)ノ

逆に、ドロドロ系は、苦手です(≧×≦;)

ちなみに、僕も早く彼女作って結婚して、孫を抱かせろと、
酔っ払いながら言われてます(^-^;

投稿: 岐阜のマンモス | 2009年3月21日 (土) 22時18分

は〜い!マンモス君。ばんは。
↑のような職業モノ、熱いドラマが多いし、
友情、愛情、てんこ盛りってぇのが定番じゃん。
こういうのって、泣けるのよね〜
ドロドロ系に出て来る人たちって、
これでもか、これでもかぁ〜って
不幸が千昌夫の借金並みに襲ってきたり
ありえない台詞まわしにと、圭二郎は
笑いながら見てますよ。

しかし、どこのご家庭でも一緒ですね。

投稿: 圭二郎 | 2009年3月26日 (木) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生まれたところを、ちょっと離れて | トップページ | R&BとROCKな夜に・・・ »